徒然


テストパーツ切削完了。
全体はR0.5mm、ロッキングバーのロック溝辺りのみ0.5mmで仕上げ。
切断面もそこそこ綺麗で、ブレード部分なんてちゃんと透けてて切削目見えない。


少し気に入らないところを直したバージョンアップ版を両面切削してみた。
ズレもなく綺麗に切れてる


切削したアクリルを組み立ててみた。


金属切削を前提とした設計なので、スプリングがヘロヘロ。


でも一応狙った展開/収納は達成できた。


クーラントの配管してM08実行したら、ちゃんと循環した。
でもドレンロートが小さすぎてダダ漏れ。コード類は念のために上に上げておいたから大丈夫だけど、
水浸しのCNCボックス内を拭く深夜12時・・・ ドレン周辺は抜本的に考えないとダメだな。
しかしとりあえず水で試して良かった。


真鍮とかアルミをすっ飛ばしていきなりATSステンレス鋼。
で、現在こんな感じ。1.5mmストレート。7000rpm、送り200mmで今の所順調。


ある一定までは順調に切れてるんだけど、
負荷がかかり出すと、コレットが緩んでZマイナス方向への切削が甘くなることに気付いた。
んで、コレットをかなりきつく閉めて外出先から帰ってきたら、
今度はワークがずれてたwww エンドミル良く折れなかったな・・・


専用のプライヤーはエラく高いので、手で引っ張ってバラバラにしてみた。
意外と行けた。


簡単な捨て板兼クランプ。
アルミか真鍮でそろそろ作るか。ボルトは4個じゃなく6個にしよう。


いろいろ資材が到着したので、時間を見て捨て板を作る予定。


そろそろ上がりかなと思って様子見にきたら、えらいことになってたw 
噂には聞いてたけどこんなになるんか~

毎日が戦い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術・彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR