彫刻台


今回、いつも使うフルサイズとは別に
細かい作業用にマイクロブロック買ってみた。
よく出来てる工具は日本にもあるけど、
手にした時のフィーリングが良い工具はそう多くはない。
大きさ、重さ、回転、全てにおいて完璧だ。

アメリカって「おいおい、そんな工具まで作んのかよ」
ってくらい工具の種類が多い。
もちろん全てが優れた工具ではないけど、
とにかくしっかりした作りでよく出来てる。
日本製と比べると(値段の違いもあるけど)雲泥の差だ。
日本でもコレくらいのものは作れるんだろうけど、
「作れる」と「作る」は違うしなぁ・・・ 

よくもまぁ、あんな国にケンカ売ったもんだよ。
絶対勝てるはずないよ、と両国間の工具の違いから思ってみたり・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術背景・舞台彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。大手イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)の洋彫り職人3名に師事。「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR