パイプ


↑丁稚奉公時代に作らされたヤツ。
たぶん15年くらい前。


本番の前のAg試作。
200g近く溶解して、板を切り出し、パイプ引いて、手で曲げた。


蝶番。
確か本番用では首に刺さらないように丸めされられた。


留め具。
板バネだけAg800辺りの地金だったと思う。

K18ではさすがにパイプ曲げが苦しかった・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術・彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR