練馬ワークス

昨晩の「所さんのそこんトコロ」見た人いる?
「コレどこで作ってるの?▽潜入ガンダム(秘)工場」。

もう垂涎の眼差しでブラウン管にかぶりついちゃった。ちょうど一昨年前、旧バンダイプラモ工場「静岡ワークス」が、「バンダイホビーセンター」と名を変え、超ハイテク工場に生まれ変わったレポート。

この新しいセンターは敷地面積約12,000平方メートル、年産1500万個のガンプラが生産能力。
もちろん生産能力だけでなく、センターの外観・壁面には『ガンダム』の作中での架空の企業「アナハイム・エレクトロニクス」のロゴや地球連邦軍のエンブレムなども描かれていて、マニアから見ればまさにサンクチュアリなわけだ。ジブリストが三鷹のジブリ博物館を聖域に見るようなものだな。

社内では実際に一目でガンダマーと見受けられる人達が、CADを使ってガンプラをモデリングしている様から、レーザー加工機での金型制作にいたるまでの、最新ガンプラ製造工程が順を追って説明されてて、マニア必見の内容。(下図参照)


3Dデータを制作。


レンダリングしながらプロポーションチェック。


レーザー加工機など当然ないので、もっぱら手で地金とWAXを削りだして金型・・・いや違った、ゴム型制作する為の原型作って・・・


ハイ、製品完成~。 


ちなみにコチラは「練馬ワークス・ホビーセンター桜台出張所」での制作過程。資本金はイタリアからの帰国時に、担いで持って帰ってきた工具のみ。敷地は6畳。従業員1名。実質労働時間18時間/1日、保険ナシという劣悪な環境。でも、ヤル気だけは大手に負けない雑草根性で日夜勤しんでおりマス。

昨年の新生「バンダイホビーセンター」オープン直後から、一度見学してみたかったので、今年こそ実現する所存。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術・彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR