フォールディングナイフ3


熱処理に出して焼き入れして・・・


ハンドルの手触りをよくするため・・・


R面処理!


削り出した両サイドのハンドルを軽く仕上げて、
ブレードは1000番まで仕上げたところ。


本日午前3時、やっと完成。
必要箇所を先に研磨して、ピン差し込んでカシめて完成・・・ 
のはずが、カシめたらブレード折りたたみ時の戻りが硬くなって、
ハンドルあちこち叩いても直らず。
ブレード開閉しながらクサビ打ち込んで30分、
やっといい感じになった。(ちょっとゆるい気もするけど・・・) 
なるほどピンのカシメは鬼門だわ。
次はもっと上手くやりたい。刃つけたらやっと彫れる。
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術背景・舞台彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。大手イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)の洋彫り職人3名に師事。「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR