アイロンビーズ


タガネの本数が増えると、
ちゃんと管理してても作業中にいちいち先端確認するのが面倒になる。
60度~130度までのフェイス開口角度と
0度から25度のヒール、すくい系までを色分けしてみた。
青/緑はフェイス開口120度/ヒール15度みたいな感じ。
片切り系は下刃の角度だけ分かればよいので一色表記で良い。
留めて彫って留めて・・・を繰り返してみたけど、
色さえきっちり覚えてしまえばタガネ交換が楽になった。
スポンサーサイト

デフォーマテスト


C4Dデフォーマテスト。
うまく使えば結構簡単にひねれる。

FIAT500(6)


モデリングは、リング/車体ほぼ全てC4D。
リング上面の石畳のテクスチャーのみZBrush。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術背景・舞台彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。大手イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)の洋彫り職人3名に師事。「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR