スクロール


久しぶりにスクロール。
スポンサーサイト

治具


ちっちゃいパーツ保持用治具作ってみた。

彫刻台ハンドル


新たに買った彫刻台にもお約束のハンドル作ってみた。
今回は「摘み」をつけたことによって高速開閉が可能になったよ。

FIAT500(5)


吹き上がった500。
ディテールほぼ再現できてる。

金の卵

毎度。
いつもはダイヤモンドディスク使うんだけど・・・


ホムセンでよく見かけるサンダーのメディア(って言うのか?)で研磨してみた


チュイ~ン


おお!


何これ、めっちゃ便利なんですけど! しかも安い!

ただ、44歳になるただヒゲのおっさんがこの名前の商品を持ってレジに並ぶのが恥ずかしいwww

彫刻台


今回、いつも使うフルサイズとは別に
細かい作業用にマイクロブロック買ってみた。
よく出来てる工具は日本にもあるけど、
手にした時のフィーリングが良い工具はそう多くはない。
大きさ、重さ、回転、全てにおいて完璧だ。

アメリカって「おいおい、そんな工具まで作んのかよ」
ってくらい工具の種類が多い。
もちろん全てが優れた工具ではないけど、
とにかくしっかりした作りでよく出来てる。
日本製と比べると(値段の違いもあるけど)雲泥の差だ。
日本でもコレくらいのものは作れるんだろうけど、
「作れる」と「作る」は違うしなぁ・・・ 

よくもまぁ、あんな国にケンカ売ったもんだよ。
絶対勝てるはずないよ、と両国間の工具の違いから思ってみたり・・・

PSCC


もういっちょ顕微鏡キター
2本挿ししたらデンドロビウムみたいだ・・・

アドビ、3Dプリントをデザイン分野にもたらすAdobe Photoshop CCのアップデートの提供を開始。
どうやら複数ファイル形式対応してて、
ボクセルで一体化、出力サイズに応じてリダクション、
stl化してエラーまで修正してくれサポートまでつけれる。
もうマジックスいらないんじゃない?

さっそくアップデートちう~


さっそく適当なモデルでテストしてみた。
MoIで球体と円柱を作って(オープンエッジ込み)PSに放り込む。
適当にボタン押して設定したら、ちゃんと一体化されてサポートも付いてた。
って・・・サポート少なすぎwww
ここら辺は設定とか今後のアップデートで使いやすくなんのかな?
でも一体化とかリダクションは強力だよなぁ~

田島光二作品集

田島氏の作品集が発売!
これは買いだわ。速攻ポチった。

田島光二作品集 & ZBrushテクニック
画像はアマゾンから拝借。


プラグイン


明けました。本年もよろしくです。
C4Dリトポプラグインでサクッとリトポってみた。
GoZ介すことなくちょっとしたパーツ作りに便利だ。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術背景・舞台彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。大手イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)の洋彫り職人3名に師事。「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR