リングホルダー

リングを作業する時に使うホルダーを自作してみた。
薄皮一枚で出力して、中に釘とレジンを充填して強度を増してみた。


スポンサーサイト

スマーフを出力してみる

せっかくなのでキャラクターでも造形しようかと。


ちょっと前にロールアウトしたスマーフに再登場願います。


ZBrushでチョコチョコと・・・


分割して、Zスフィアでサポートもつけてしまう。


そして完成~
頭部のサポートが王蟲の前足みたいになってるけど気にしない。
見てくれは相変わらずな感じだけど、結果は良好だよ。
オートサポートも良いんだろうけど、
ラフト(土台ね)だけONにして、
サポートは自分でモデリングするのもアリかも。

収納ホルダー

毎度。
連日出力テストを繰り返す日々。


タガネ収容ホルダーを作ってみた。


上手く行ったので
気をよくして調子に乗って大量生産してみた。


物作り最高!

鏨ホルダー

毎度


台風真っ只中にせっせとテスト出力を繰り返す今日この頃に・・・


もう一個欲しいと思ってた鏨ホルダー作ってみた。
出力時間約40分。

ライノ


cubeライノの表面研磨してみた。
溶剤等は一切使わずヤスリ、セラミックでの物理研磨のみ。
耳とかまぶた、鼻の穴に大苦戦したけど、
根気次第で結構いけるんじゃないかな。


サフ吹いたらほとんど積層消えてくれそう・・・

初出力

毎度

ようやく時間が取れたので初出力など行ってみる。
あらかじめ用意したモデルをcubeに読み込んだらマテリアルエラー
(フィラメントはPLAなのにモデルマテリアルはABSにしてしもた。)
なので、とりあえず本体に同梱されてたチェスの駒から開始。


おお~っと順調に積み上げるも
フィラメントの送り出しエラーであえなく中断。


気を取り直して再挑戦のサイ。
まぁ、ご覧のとおり表面的にはアレだけど、
とにかくデータがすぐに形になるのは
切削機とはまた別の感動だなぁ。
出力時間1時間30分。

ウロコっぽいもの


ウロコっぽいもの彫ってみた。


せっかくなのでZBrushでアルファ作って彫ってみた。
細いクロスシェードも出てるので結構使えるかも。
ってか、手書きの方が全然楽だよな・・・


cube

cube
いろいろ面倒なことが起こったけど
とりあえず無事に届いた。
で、箱だけ開けてみた。

R15レビュー

毎度。
R15をちょこちょこ触ってみた。


新しくなったベベル試してみた。
明らかにR14の時より使い勝手がよくなってる。
追加でベベル実行した後も綺麗に面取りされてるのいいわ。


面選択時の「配列」も便利だ。
R14にはこんなのなかったような


HyperNURBSがR15になって
サブディビジョンサーフェスって名称変更になってる。


チュートリアル見ながらレンダリングしてみた。
これで15秒。

レンダリングは項目が多くて、まだまだ全然分かってない。
マテリアル作りは結構楽しいね。
パラメーターいじって目的の雰囲気出すのって絵の具に似てる。

R15到着~

R15が朝一番で届いたよ!

相変わらずインストールに20分近くかかっちゃうんだけど、
さすがにもう慣れた。


さっそく搭載されたGIを試してみた。
簡単でいいわぁ~


GoZもOKよん。

今回のバージョンUP、他バージョンには不評の模様だけど、
Primeユーザーには良いんじゃないのかな。
GI搭載だけでもありがたいもんな。

Colt Navy


コスモドラグーンの元ネタでもある大好きな銃を彫ってみた。
いろいろ新しい技術を投入してみたけど、
要研究なところもまだまだあるなぁ~という感想な今日この頃。
死ぬまでに本物に彫ってみたいと思いながらモデルガンを物色する毎日w

C4D_R15


とうとう出荷開始!

リング


外周をスクウェアにして
ちょっとウェーブさせて石を並べてみた。

スマーフ


スマーフ作ってみた。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術・彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR