透かし/裏取り

透かし
は~、しんどい・・・
スポンサーサイト

MoI


なんだよ、さりげなくアップデートされてんのかよ。
せめて一言連絡あってもいいのに。

キン肉マン


とりあえず頭部だけ切削してみた。
ズ、ズれてる・・・
額の「肉」マークと「目玉」が全然浅い。


起伏をややオーバー気味に。
彫りこみも若干激しく。


こんな感じ。

無題


普段は取材とか受けないんだけど、
今回訳あってお受けすることになりました。
商品写真撮影にも立ち会ったんだけど、
撮影現場の雰囲気が、
昔カメラマンをちょっとだけ目指していた頃を思い出した。

メタセコでダボ

パーツを分割して切削した後、
組み立て時の位置合わせを不要にするため、
パーツのすり合わせ箇所にダボ穴を開ける為のテスト。
ハイエンドのソフトではブーリアンでいけると思うんだけど、
それをあえてメタセコでやってみる。
ご存知の方も多いと思うけど、
メタセコでのブーリアンはなかなか思うような結果が得られない。
なので、ブールを使わずに、
手作業での「切断」や「面貼り」で綺麗なダボ/ダボ穴を作ってみる。


分割したいオブジェクトを用意する。
頂点が少ない簡単な形状だとアマちゃん呼ばわりされそうなので、
一応フリーズまでしておいた。


ダボを用意。丸より四角形が吉。


パーツ分割したいところでカット。
水平面カットならとても楽なんだけど、
ココもあえて苦行な斜線カットで。


こんな感じ。


大事なのはダボに使う立方体も同時にカットすること。
それと、オブジェクトやダボの立方体は、
座標が狂うと後々面倒になるので、
一度ステージに配置したら移動しない。


こうなっていればOK。
確認しやすいように移動とかしてるけど、
後でちゃんと元に戻してます。


オブジェクト下半分の切断面を面貼りで塞ぐ。


あ~、疲れた。
一面一面貼っていってもいいけど、
大きく三角形を貼って、辺を頂点数分だけ等分割した後、
頂点連結した方が早いかも。
ちなみにダボ穴付近に面取りしておきたい場合は、
この時点で面取りした方がいい。

張り終わったら、出来上がった下半分をコピーして、
オリジナルは残しておく。
コピーした方の、すり合わせ面とダボ穴を残してすべて削除。


こんな感じ。


全選択して面反転。


それを上半分パーツの断面で頂点連結。


ハイ、完成。
本当は上半分のダボは若干小さめにしておかないと、
ダボ穴に入らないので、
頂点連結後にダボを選択して縮小をかける。


結構いけるもんだねぇ。

でも、ウチの切削機でダボ穴までは作業できないので、
他の分割方法考えなきゃ・・・

金属切削とかアサシンクリードとか。


両面切削っぽいけど、こんなの両面切削じゃない!
エアインテーク切削中のスピンドルの動きとかハンパないわ。


新しいアサシンクリード。
開始直後のパンテオン(?)とか超綺麗。
やっぱりubiスゲェわ。

リング




ちなみにコレ、ピンキーリング。

リング

子供にカゼうつされた。
けど、仕事しながらチョコチョコ仕上げでも。


真円出して、表面をザックリ一皮剥いた。


こんな感じ。

リング


こんな感じに吹き上がりました。


見た感じ綺麗にキャスト出来てる。


↑このキン肉マン、そろそろ切削しようと思って・・・


材料買ってきた。
素材は良く分かんないんだけど、
硬い発泡スチロールみたいな感じ。
そんなに硬くなさそうだし、
たぶん切れると思う。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術・彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR