切削(002)

ヤバイ、デジカメが壊れた・・・orz
携帯で撮影したので残念な写りだけど一応うp。


ガイコツを切削してみた。
データ上でZ軸方向に50%縮小したレリーフ状を出力。
一応予想はしていたけど、単純に拡大縮小しただけでは、
メリハリのない印象になっちゃう。
レリーフ状にするなら、全立体の制作後に縮小して、
きっちり対レリーフ用にデフォルメが必要。
でないと、もっと薄くなったときにはのっぺらぼうになりかねない。

今回は3mmフラットで荒削りをした後、
2mmラウンドで中仕上げをしてみた。
歯までは無理だったけど、歯茎まではきっちり再現出来てた。
もっと小さなエンドミルで最終仕上げを行えば、
ディテールの再現も可能だと思う。
あ、ちなみに中仕上げ直後に横で見ていた子供に手渡したら、速攻折られた。

とにかく、今日も丸1日PCと機械の前に張り付いていたけど、
この手の機械は全く経験がない上、エンドミルの知識も全くない。
当分はいろいろ試行錯誤して、何とか使いこなしたいッスね。
切削、ホント超楽しいよ~

それより、デジカメどうしよ。
同じ故障3回目。おそらく今回も基盤交換だと思う。
8年前の機種を大事に使ってきたんだけど、ちょうどD5000も出たし・・・

スポンサーサイト

切削(001)

切削機械が届いたので、
とりあえず動作確認を。


まずはガンダムヘッドをスキャンしてみた。


一部、ポリゴンの抜けがあるけど、
形状はそこそこ再現されてるわ。


解像度を上げて再挑戦。
順調に読み取ってる最中に、
余計なボタンを押して途中で止まっちゃった・・・
でもなかなか。ピッチは0.25mm。


続いて付属のデータを切削。
荒削りだけしてみた。


とりあえずこんな感じ。
このあと、中仕上げ~仕上げ切削に取り掛かる。

超楽しい。

シリアルカード

とうとう親分の所が雷神を導入するらしい・・・
スッゲェ~

こりゃ負けてられんということで、


アキバで買ってきた。
今でも売ってるんだ、シリアルポートカード。
そのくせ、お世辞にも安いとは言えない金額で少々驚き。
ま、コレは1500円だったけど。


PCIに差し込んで終了。
増設したグラボのヒートシンクに指が触れて発狂寸前・・・


ハイ、ポート開きました~

あとは機械を待つだけ。
んで、実際に切削出来るようになったら、
昔に作った自作機を切削専用のマシンにするつもり。
切り替えスイッチでモニター兼用とか考えたけど、
24インチクラスでさえ驚くような下落価格なので、
この際、24のワイド辺りをCG用に買おうかな。

CAD(056)


とりあえずこんな感じでベースモデルが完成。


ディスプレイスで装飾入れて丸カン装着。



最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術背景・舞台彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。大手イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)の洋彫り職人3名に師事。「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR