CAD(024)


ネットワークでサーフェスを構築したものを組み合わせた。
上面はポリゴンから。

最初アテナは金にしてみたんだけど、
流石にいやらしくなったので全部黒で統一。
顎下がテーパーになってるので、要修正かな。
でも、ただ単に立体にした顔を縦軸方向に縮小しても、
メリハリにかけるね。なるほど、レリーフが難しいわけだ。
そのうち、他の彫刻のデジタル化に挑戦したい。
やっぱり最終目標はニケ。
ベルニーニのヤツとか超難しそうなんだけど、
いい勉強になりそう。
自宅切削出来れば、片っ端からテストしてみるんだけど・・・

P.S. 「MoI」(モイ)じゃなくって(モアイ)っす。
ライノを手がけた人が作ったらしいッスね。
出た直後に評価版を試しましたが、
当時はナーブスそのものを何も知らなくって、
まったく歯が立ちませんでした。
スポンサーサイト

CAD(023)


下穴と石のサーフェス上への均等配置もなんとか・・・



CAD(022)


スペキュラーのテスト中。

CAD(021)

宝飾展行ってきました。
初日だったのか、思ったほど閑散としてなく、
むしろ結構賑わってた感じ。

いつも通り、主要ブースをチラ見しつつ、
親分がいらっしゃるブースへ挨拶に。
今回もいろいろCADに関する話を聞けて
さらに精進する決意を固める1日だった。

いろいろな方々から、
ライノのプラグインを薦められたんだけど、お金ないし・・・
当分はライノ単体でモデリングしますわ。
年末から集中的にモデリングを続けて、
ようやく概念が分かりかけてきた感じだし。




あと、切削機。
回転軸付いてるヤツだとリングの切削も出来るんだけど、
とりあえず平面切削のみのヤツでもいいから欲しいなぁ。
作ったデータ、片っ端から立体にしたいしね。
コンマ5サイズ違いでガンダムヘッド作りまくりたい。



以前のデータを甲丸に変更してみた。
思ったより意外と上手くいけた。


下にテクスチャーを敷いてレンダリングしたら、
流石に時間かかったわ・・・orz

CAD(020)

初めてRayをいじったり、
Depthを操作してみた。








国際宝飾展

まもなく国際宝飾展ッスね。
細々した仕入れと、
造型機とかソフトウェアをチェックしたいので
僕も少しだけ顔を出しに行きます。

でもビッグサイト、遠いんだよな・・・

複数光源現

メタセコ/YafaRayのみでなく、
大本のメタセコもとうとう複数光源キタ~!!
最近は衰退?を突き進んでいた感のあるメタセコだったけど、
ここにきて息を吹き返したかも?
とにかくユーザーにとってはいいことです。
さらにレンダリングが楽しくなればいいですね。

CAD(019)

メタセコ/YafaRayキター!
これでまた一つ、レンダラーが増えたよ。
今後の開発に期待大!

Indigo renderとMaxエクスポーターで「Maxigo」。
Indigoって必ずこんな感じの名称になるのね。
「Blendigo」とか。


以前作ったデータ。
ほったらかしももったいなかったので。


こうした。
サーフェスを適当に曲げて貼り付けて唐草を作って、
パラボラ形状のメダルに配置した。
唐草の始点とかずれてるし、位置もややおかしいけど、
この辺は配置の修正で何とかなるので、まぁこんな感じ。



洋彫り(49)

年末に作った新作。ようやく写真の準備ができたのでup。
今回は予算の関係でsvとk18混成で制作させていただきました。


バンパー部分から制作。
ローラーで伸ばした棒材をサイズに合わせて巻いていく。


完成したバンパーとリングセンター部分。


石にあわせて下穴を空けていく。


彫り留めのスペースは最小に残しつつ、
余白を透かす。


リング中央とのつじつま合わせに気を使いながら
バンパーの波打ちをスリ出す。


何度か仮組みしながら全体を調整していきます。


裏取りを終えたらロウ付けして組み立てた後に研磨。


フレームは完成~


石留めした後に洋彫り開始。


無事に完成です。

CAD(018)


ラウンド3mmを3列配置してみた。
一応裏取りも6角形に。
見えにくいけど、ちゃんと彫りも入れてます。

CAD(017)


↑アイロンみたいな物を作ってたら・・・


↑こうなった。


大口径バーニアとかは作ってて面白い。
一応テールスタビライザーが機体を安定させるという設定。


↑ウフィツィ美術館前。
ルネサンス建築背景とのギャップがなんとも。


コクピットもちゃんと作った。


グゴォーッ!!

CAD(016)


リング本体はサーフェスの張り合わせ。
平打ちなら環状コピーで石と下穴を作れるんだけど、
やっと、3次曲面上の法線に沿って穴を開けることができた。

CAD(015)

あけましておめでとうございます。

昨年、3DCGソフトからRhinocerosへシフトし、
操作に何とも手間取った年だったけど、
今年はもう少し使えるようになりたい。
とは言いつつも、メタセコも2.4.9へバージョンアップしたし、
YafRayとの連携プラグインも開発されてるし、
未だやっぱり手放せないんだけど・・・


↑いつもどおりグルグルまわしてみた。
ドラッグで左右に回せます。

本年もよろしくです。



最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術背景・舞台彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。大手イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)の洋彫り職人3名に師事。「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR