Lavoro(48)




こんなの作ってました。

スポンサーサイト

洋彫り(23)




約1ヶ月かかったバレリーナもようやく完成。
かなりパンチの効いたリングになった。

でも、このコンビ色は途中から気に入らず、
時間あるときにでも、もう一個作る所存。

洋彫り(22)


↑大体のスジ彫りも終了。
最後に矢印のベルト部分を彫ったら完成・・・、
だけど、コレが結構厄介。
0.7mm幅にしこたま線を彫らないといけない。

FIAT500

http://jp.youtube.com/watch?v=rlRxP9ULZnY
おそらく世界一有名な国民車、「FIAT500」がデビュー。
母国イタリアでのCM。
イタリア語分かんないとつまんないかもしれないけど。

http://jp.youtube.com/watch?v=ZIstcCzloJA
ココでは見れないけど、インテリアとか秀逸。
日本では実売200マソ~くらいからとの話。
ところで、ここのブログって、
embedタグでの貼り付けって出来ないのね・・・、めっちゃ不便。


在ミラノ時代に自宅前にて撮影した旧500。
昔、HPにも使用してた。


Nuova もいいけど、やっぱりVecchiaが忘れられない今日この頃。

洋彫り(21)


一旦松ヤニを外して、
腕の縁をさらに彫り込んでいるところ。

洋彫り(20)


ヘッド部分の洋彫り作業は終わったので、続いて腕に取り掛かる。


mezzotondoで彫り込んでいる途中。
今回、腕部分のセンターにベルトを巻いてあるので、
コレが結構じゃまで彫りにくかったりする。
でもまだまだ作業は続く・・・


昨晩は梅酒作り。
季節外れのため、文句言われながら
八百屋のオヤジに特別に入荷してもらったらしい。


とりあえずかじってみる。 
メッチャまずい・・・ んで、すっぱい。


氷砂糖と梅を100円ショップの瓶に投入。
貧乏性なので、ギッチリ詰めたい性分。
スーパーの「きゅうり詰め放題1袋100円」の心情。

酒投入。 少しでも沢山出来るように目一杯注ぐ。


ふたをして来年までしばしお別れ。
ってか、3ケ月ほどで飲めるようになるらしい。
秋が来た頃に瓶が空になってそうで怖い。


余った梅でさらに作る・・・

洋彫り(19)


昨晩、F1見ながら彫り進めて、こんな感じに。
ライトの下で見ると、メラメラと反射光が見て取れていい感じ。

洋彫り(18)


石(ブルトパ)をセッティング後、石枠から洋彫り開始。
バレリーナ枠の彫りが今回の見せ所なので気合入れる所存。

Lavoro(47)


朝から一日かけて、全パーツを一気に組み立てました。
石留めしたら洋彫りです。

Lavoro(46)


バレリーナリングの石枠透かし部分、ようやくココまで到着。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術背景・舞台彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。大手イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)の洋彫り職人3名に師事。「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR