caffe'

毎度。

ウチのビアレッティ20年選手コーヒーポット。
ボロいけど、現役で毎日がんばってくれてる。


粉は時々LAVAZZA、時々illy。
ホントはillyで統一したいんだけど、高くって・・・



スポンサーサイト

IJT

毎度。
夕方前まで仕事して、いそいそとIJTへ。
年々忍び寄る老化www対策の一環でグレーバーマックス買っちゃった。
スミスで良かったけど、本体正面がかっこいいATを。
ハンドピースもAT仕様。はよ届いてほしいわ。

夜は久しぶりのメンバーと夜の部へ。
ずっと仕事が詰まってたので久しぶりに息抜き出来た一日。

「鵺の鳴く夜は恐ろしい」

「輿石氏は怪しげ、ヌエみたい…」。

「ヌエ」と聞いて思い出したのが
「鵺(ヌエ)の鳴く夜は恐ろしい」のキャッチコピーで公開された、映画「悪霊島」。
大の横溝好きで氏の作品はほとんど読了なんだけど、悪霊島もその一つ。
主演は鹿賀丈史。主題歌に「Let It Be」を使ってとても印象に残ってる。
横溝作品らしいドロドロした前世代的な雰囲気が再現されてる名作の一つだと思う。

久しぶりに見たくなっちゃうわ・・・

袋2つ

毎度。

盆休み?なにそれ?
せっせと、商品の仕上げと、データつくりに追われる日々。
ちょっと難しいパーツのデータに
この1週間ずっとかかりっきりだったんだけど、
昨晩ようやく目処がついたわ。


GANさんのSIGGRAPHのお土産。けっこうカッコイイ。
ZBrushの帽子やらキーホルダーとかもあった。


カタログ1冊にこの梱包www
外国人はアホか

顕微鏡


デカくて重い・・・
どこに設置しろと?

顕微鏡


良く見えるわ・・・

JJF


MoIで平打ちを作って、ZBrush上で加工。
下のほうに一個だけ宙に浮いちゃってるパーツがあるけど、
それ以外はエラーなし・・・のはず。

http://www.3ds.co.jp/netfabb/
コレでSTLのチェックと修正が出来るっぽい・・・、出来るよね?
どれほどの能力かわかんないけど、価格は18マソ。
マジックスよりずいぶん安いね。

そんな感じで、
頼まれてる石探すのを兼ねてJJF行ってきた。
出展者がお客さんの「入り」を心配するのは分かるけど、
一お客のオレが「客入り」を心配するのもお門違いかと思うので、
あえて心配しない方向で・・・

PlaDiaの荒川さんと待ち合わせた後、会場内ウロついて、
主要箇所を一通り眺めておいた。
松金さんのProJet模型が何気に力作。
特に正面のステンレス部分は超力作。
校長先生は作業に専念してたので声かけれず。
貴公子氏とも本当にお久しぶりにお話した。
今年のIJTでは全然お話できなかった男塾さんと
ようやく落ち着いて話すことが出来た。
切削に対する熱い想いは大変参考になった。
マジで一度腰をすえてお話をお伺いしたい所存。

という一日。

JAZZ

管楽器っていいよね。
オレ的にはサクソフォンとトランペットが2大管楽器。
大学在学中にJAZZにえらく詳しい友人と出会い、それからはJAZZ一本。
月並みだけど、チャーリー・パーカーとジョン・コルトレーン一筋。
トランペットはマイルス。
50~70年代をこよなく愛するんだけども、没間際のマイルスも大好き。
それまで聞く方専門だったのに、80年代後半のマイルスの映像を見て、
技術至上を考え直させる、荒々しいパフォーマンスに衝撃を受けたのね。
んで、サックスをwww始めたわけ。
当時ミラノに住んでたんだけど、行きつけのジャズバーで
チョコチョコ出演してたイタリア人演奏者に「たのも~」して入門。
結局6年近くお世話になった。
本当はセルマーが欲しかったんだけど、
金銭的な理由でヤマハの安いヤツにメタルのマウスピースと
自作の削り出しのリードで、
お気に入りをコピーしたりしてかなり楽しかったなぁ。


世界中で演奏されたマイルス版Human natureも、
パリのヤツが一番好きかな。
4分辺り以降のケニーのキレたソロは、
個人的には世界遺産級だと思うんだけど・・・
あ、確か違う日のピアニストは赤城さんだったと思う。

というブログエントリーを、
キースジャレットのケルンコンサートを聞きながら書いてたりwww・・・
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術・彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR