徒然

クライアントから納品データ一発OKの返事が来た時の気持ち良さは何者にも変えがたい。
それがデカいプロジェクトであればあるほど。
でもとにかく疲れた・・・

ところで、

他所のだけど、フランクミューラーのケース彫ったった。
1mmスクエア/0.6mmボールで8時間。
間に入れた厚さ0のダミーサーフェスまでも部分的に残ってる再現度。
MDXはまだまだ現役だよな。


本物wwwとの2ショット。


スポンサーサイト

orologio(002)






とりあえず彫れそうなパーツの出力は完成した。
勝手が分からず悪戦苦闘。


orologio(001)

昔から時計には興味あったんだよね。
自分のオイスターもミラノ時代に
友人の時計技師に指導してもらって組み立てたし。

2年前に代々木で個展を開催した時、
ある同業の職人さんが来てくれたんだけど、今年のIJTの時
その職人さんが時計のムーブ彫り職人さんを紹介してくださった。
お名前だけは昔から存じ上げていた方で、
日本を代表するムーブ彫りの方。
いろいろお話を伺い、自慢のタガネまで見せて頂き軽く興奮気味。
ということでオレもちょっとやってみようかと・・・


↑まずはETA。
時計職人とは違う、宝飾の洋彫りで総彫りするとどうなるか?
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

zenmai gunso

Author:zenmai gunso
ぜんまい軍曹
2002までミラノ在住。舞台美術背景・舞台彫刻職人としてイタリア国立劇場勤務の後、宝飾業に転向。大手イタリア国内メーカーの原型制作や生産に携わる傍ら、Gianmaria Buccellati(ジャンマリア ブチェラッティ)の洋彫り職人3名に師事。「marquise(マーキス)」を発足後、日本に帰国。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR